部活は勉強の邪魔?

今回は、中学生が成績を上げるためには部活をやめるべきかどうかということを考えてみました。 中学生になると、塾に行かなければならないから習い事をやめるという話をよく耳にします。 全国学力調査によると、部活もやり過ぎは良くな […]

今回は、中学生が成績を上げるためには部活をやめるべきかどうかということを考えてみました。

中学生になると、塾に行かなければならないから習い事をやめるという話をよく耳にします。
全国学力調査によると、部活もやり過ぎは良くないが、
全く部活をしない人より、ある程度部活をしている人の方が、学力が高いという結果が出ているようです。

この因果関係はわかっていないようですが、
部活を全くしない人がその時間を勉強に使っているとは限りませんからね。

体力的なことも関係があるのかもしれません。
受験生になって、今まで全く勉強せず部活オンリーだった男子が急に成績を上げる・・

中学生ではよく聞く話です。

体力のない女子は、コツコツ勉強することで成績を上げるべきだと言われたこともあります。

部活動で集中力がつくということもあるかもしれません。

私の子供は、部活がしたいために、
中学生の時に一生懸命勉強していました。
高校に行くために成績を上げなくてはならないからです。

「なぜ、高校へ行くため?」
と思われるかもしれませんが、
私の子供がやっていたのはバスケだったからです。
バスケは野球やサッカーのように、
どこでもできるスポーツではありません。
高校生がバスケをやりたいなら、
高校でバスケ部に入るしかないのです。
スカウトが来るほどの選手ではないのですから、
成績を上げて高校に合格するしかないのです。

バスケのためではあっても、必死に勉強したことは、
今も無駄にはなっていないようです。